3ヶ月で完全ミルクにしたはなし

育児
スポンサーリンク

3ヶ月で完全ミルクにした話

 

ぺぺ
ぺぺ

5ヶ月の息子あおくんと夫のまつくんと田舎でのんびり過ごしています。ぺぺです。

タイトル通り我が家は生後3ヶ月から完全ミルクです。

それまでは母乳&ミルクの混合栄養だったのですが、母乳があまり出ないこともあり生後3ヶ月になった日から母乳を辞めミルクのみに切り替えました。

完全ミルクになってからそろそろ丸3ヶ月なのですが、想像していたよりも良いことろをたくさん見つけることができました!

そこで今回の記事では実際にミルク育児をして感じたメリットやデメリットを紹介していきます。

★便利がいっぱい!生協の宅配サービス★
玄関先までお届け、ご不在でも宅配
食品をはじめ多彩な商品
かんたんネット注文
詳しくはこちらから

母乳が良いのは分かっているけど

 

冒頭でも触れましたが我が家は現在、完全ミルクです。母乳は一切あげていません
『赤ちゃんの栄養は母乳が一番!』って産院でも言われるし、市でもらった紙にも書いてある。だからそんなものは百も承知だと思うのですが、母乳の良いところを改めてご紹介。

母乳のメリット

母乳のメリットをおさらいしておきます。

【母乳のメリット】
・乳児に最適な成分である
・病気にかかりにくく、重症化しにくくなる
・肥満や糖尿病の発症リスクが低下する

↑厚生労働省のHPを見るとこんなことが書いてあります。

確かに赤ちゃんにとってはメリットがいっぱい。お世話する側も哺乳瓶を洗浄&消毒する手間もないし、家計的にも優しいですよね。

挫折した母乳育児

ぺぺ
ぺぺ

ただですね、母乳育児につまずいてしまった人も少なからずいると思うのですよ

私自身、あまり母乳が出ていないことと、授乳時間が長すぎることもあり母乳育児に挫折してしまいましたので・・・。

最初の頃は母乳を続けていたのですが一向に量も増えていなさそうだし、ミルクの飲む量も変わらない。母乳&ミルクで所要時間は1時間超え。そんな毎日が辛かったこともあり、ミルクだけにしてしまっても良いかな・・・と思うようになりました。

でも、もしかしたら出るようになるかもしれないから生後3ヶ月になるまでは頑張ろう!と決めて母乳チャレンジを続けていましたが状況は変わらず・・・。なので生後3ヶ月からは完全ミルク育児に切り替えることにしました。

ミルクでも良い!

幸いなことにミルク育児に対して周りからとやかく言われたことは無いですが、母乳神話みたいなものって昔からありますよね。

ぺぺ
ぺぺ

なんでミルクなの?母乳は出ないの?と周りに言われてストレスを感じていたと言う友人のはなしを聞いたことがあります。

噂には聞いていたけどデリカシーの無いことをわざわざ言ってくる人がいるとは・・・と悲しい気持ちになりました。母乳が良いのは誰よりも分かっているので言わなくて結構ですよね。母乳が足りないからミルクをあげているんですから・・・!

それに時代は令和ですよ。昔のミルクと比べてもらっちゃ困りますよね。ミルクだってメリットがいっぱいあるんだ!と声を大にして言いたいです。

と、言うことでミルクのメリットをご紹介します。

ミルクのメリット

 

生後5ヶ月の息子を完全ミルクで育ててきて感じたミルクのメリットです。

【ミルクのメリット】
・誰でも授乳ができる
・外出時でも人目が気にならない
・腹持ちが良いので授乳間隔が空く

それではひとつひとつ解説していきますね。

誰でも授乳できる

ミルクならば自分以外の誰もがあげられる、と言うことが最大のメリットです。お出かけ時間を気にする必要もないし、夜間授乳だってできるということです!!

まつくん
まつくん

おれも夜間授乳をしていたよ~

仕事の休みの日には夫のまつくんにも夜間授乳をしてもらっていました。

赤ちゃんとの生活は慢性的に寝不足になりがちなので、たまにでも朝まで寝ることが出来ると気力と体力が少し回復します。

子どものことが可愛いと思える余裕ができるんです。

子育てをする上でそれってすっごく大事ですよね。気力があれば笑顔も増えるし夫にも優しくできる。

家庭内が平和になりますよ!

まつくん
まつくん

家庭内平和、大事

月齢が浅いとまだまだ日中はよく眠っていることが多いので他の家族にも預けやすいです。

産後初めて1時間くらい外出した際も、泣いていないかな?と大丈夫だったかな?とドキドキして帰ってきたにも関わらずずーっと寝ていたとのこと。もしお腹が空いてしまってもミルクがあれば大丈夫ですしね。

ぺぺ
ぺぺ

誰でも授乳ができると言うのはミルクの一番のメリット!

外出時でも人目が気にならない

ぺぺ
ぺぺ

場所を選ばないのもミルクの良いところのひとつ

外出先で授乳室が無くても困らないですしね。

そして義実家など他の家に行った際も授乳のために別の部屋を借りたりしなくて良いので、相手に気を遣わせずに済むのも良いところです。

友人との外食中でも青空の下のピクニック中でも堂々とミルクをあげられるのは利点と言えますよね。

腹持ちが良いので授乳間隔が空く

ミルクは母乳に比べて腹持ちが良いので授乳間隔が空くと言われています。
完全母乳の経験が無いので比べることはできないのですが、

ぺぺ
ぺぺ

完全ミルク育児をしている現在、3時間なら3時間きっちり空きますし夜も朝までぐっすりと眠っている頃が多いです。

授乳間隔がしっかり空くので外出時の計画が立てやすいということもあります。ミルク後に出かければ3時間はもつから・・・と近所のお出かけならばミルクの間隔内で用事を済ませることができますからね。

母乳育児をしている方も少しでも長く眠れるように夜だけはミルクをあげている、なんて話も聞いたことがあります。確かにそういう使い方もありですよね!

まとめ

世の中にはまだまだ母乳信者や母乳神話が存在しますが、お互い気にしないようにしましょう!

母乳が赤ちゃんにとって良いと言うことぐらい知っている。けれど母乳が思うように出なかったりあげることが出来ない事情があったりしてミルク育児をしているのですから。

母乳肯定派が多いのであえて

まつくん
まつくん

ミルクも良いところたくさんあるよ!

と言う記事を書きました。

もうそろそろ我が家は離乳食が始まります!しばらくしたらミルクのミの字も忘れてご飯をパクパク食べるときがくるんでしょうね〜・・・そう思うと母乳やミルクで悩んでいたことが懐かしく感じてしまいそうですね。

今回はこれで以上となります!

ぺぺ
ぺぺ

毎日育児&家事お疲れ様です!意識的に休みながらやりましょ〜!

まつくん
まつくん

最後までお読み頂きありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました